高濱正伸「間違いないのは、理系の専門的な知識をつけること」

投稿者: | 2019年6月20日

by 高濱 正伸(花まる学習会 代表)

中学受験での学校選びの指標となるのは偏差値だけではない。我が子に合った学校をどう選べばいいのか。専門家や経験者に見極めのコツを聞いた。

 

グローバル教育がはやる一方で、国の産業を支える理系教育も捨てがたい。二者択一ではないだろうが、どちらかに力を入れている学校やコースがあるのもまた事実だ。

 

幼児や小学生を対象にした塾経営で知られる「花まる学習会」の高濱正伸代表はこう話す。

 

間違いないのは、理系の専門的な知識をつけること。ただ単に医者になるというだけではなく、その中でも専門性が必要。ロケット開発でも薬の開発でもそう。理系のどこかの分野でとがっていれば食いっぱぐれることはない」

Reference:中学受験するなら理系かグローバル教育か 「花まる学習会」代表の答えとは?




「理系語録」とは

理系語録』では、「理系のキャリアを語録で学ぶ」をコンセプトに、理系に関する言葉や記事、ニュースをご紹介しています。理系のキャリアの魅力を少しでもお伝えできれば幸いです。

−−

”I am learning to trust the journey even when I don’t understand it

ー Mila Bron ”
Top Photo By BK, on Flickr