西成活裕「数学を学ぶ目的は、世の中の課題を解決すること」

理系語録

by 西成 活裕(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

数学を学ぶ目的は、世の中の課題を解決すること。30年にわたって数学とつきあってきましたが、こんなに切れ味のいい『武器』はありません」(中略)

大人が数学を学び直すメリットは何か。それは、ビジネスに不可欠な「思考体力」が養われることだという。

「なかでも大事なのが『多段思考』です。いわゆる『頭がいい人』は、複雑な課題に対しても、一段また一段とロジックを積み上げながら、粘り強く考え続けることができる。中学数学を復習するだけでも、この力がガンガン鍛えられます」

Reference:渋滞学の教授に企業がコンサル依頼する訳

スポンサーリンク

理系屋LINEお友だち募集中!

理系屋LINEお友だち募集中!
就職、転職、お子様の文理選択など、キャリアに関するご質問やお悩み、ご要望がございましたら、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEで無料ご相談頂けます。”理系屋LINE3つの特長”はこちら(理系以外のキャリアに関するご質問や、理系以外の方もお気軽にどうぞ♪)

友だち追加
「理系語録」とは

理系語録』では、「理系のキャリアを語録で学ぶ」をコンセプトに、理系に関する言葉や記事、ニュースをご紹介しています。理系のキャリアの魅力を少しでもお伝えできれば幸いです。

理系語録

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEでご相談頂けます!

−−

”Nothing will ever be attempted if all possible objections must be first overcome

ー Samuel Johnson(サミュエル・ジョンソン)
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました