中村俊介「プログラミングを通じて学べることは、複雑なものを分解して考えられるようになること」

理系語録

by中村 俊介(しくみデザイン 代表取締役)

プログラミングを通じて学べることは、複雑なものを分解して考えられるようになること。プログラミング教育を学校に取り入れる意味は、その過程を通じて自分の得意なこと、あるいは苦手なことに気づくきっかけになることだと思っています。

現代のプログラミングってコードを書くことだけではありません。ロジックを考えることはもちろん、キャラクターを描いたり、音を作ったりすることも含まれます。そしてそのすべてを得意になる必要はないでしょう? 実際に社会はみんなの得意を組み合わせる分業で成り立っています。

Reference:プログラミングツール開発者が伝える、プログラミング教育のエッセンス

スポンサーリンク

「理系語録」とは

理系語録』では、理系に関する言葉をご紹介しています。理系の現状や魅力、キャリアが伝われば幸いです。

理系語録

−−

”If I, deaf, blind, find life rich and interesting, how much more can you gain by the use of your five senses!

ー Helen Keller
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました