村上万純「難しい数式が出てきたら、まずExcelで再現してみる」

理系語録

by 村上 万純(記者)

印象的だったのは、授業で出てくる数式の内容が理解できないときに「分からない数式は、Excelで書いてみるといい」と勧められたことだ。

「(回帰モデルの)リッジ回帰とラッソ回帰の違いや、論文に出てくる数式の意味がよく分からない」という質問に対し、講師は「数式を1つ1つ分解しながら、Excelシートにxやyの値をアテで入れてみて、どういう計算が行われているのかを順番に実行してみる。Pythonでは1行しかないコードでも、Excelで一から書ければ本当の意味で理解したことになる」と回答した。

Pythonで書いたコードの中身をどこまで理解すべきかは自分が目指すキャリアによっても変わってくると思うが、「難しい数式が出てきたら、まずExcelで再現してみる」という発想は全くなかったので、このアプローチも参考になった。

Reference:文系記者が「データサイエンティスト育成スクール」に通った結果

スポンサーリンク

「理系語録」とは

理系語録』では、「理系のキャリアを語録で学ぶ」をコンセプトに、理系に関する言葉や記事、ニュースをご紹介しています。理系のキャリアの魅力を少しでもお伝えできれば幸いです。

理系語録

−−

”… without hard work, nothing grows but weeds. There must be labor, incessant and constant, if there is to be a harvest

ー Gordon B. Hinckley
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました